ワキの黒ずみ、家にあるオロナインで解消できる?答えは〇〇です

おうちに一つはあるんじゃないでしょうか?塗り薬の定番、「オロナイン」。

キズにはもちろんのこと、「にきびや吹き出物、軽いやけどや水虫、いんきんに」など、けっこうたくさん効果効能の部分には書いてあります。

この万能さ、もしかしたらワキの黒ずみにも効くのかも・・・!?

中身の成分を見て、「ワキの黒ずみにオロナインは効くのか?」を調べました。

オロナインH軟膏に入っている成分一覧

オロナインにはいくつかラインナップがありますが、一番メジャーなジャータイプの「オロナインH軟膏」をピックアップしました。

入っている成分はこちら↓

オロナインH軟膏に含まれる有効成分(1g中)

  • クロルヘキシジングルコン酸塩液(20%):10mg

オロナインH軟膏に含まれる添加物(1g中)

  • ラウロマクロゴール
  • ポリソルベート80
  • 硫酸Al/K
  • マクロゴール
  • グリセリン
  • オリブ油
  • ステアリルアルコール
  • サラシミツロウ
  • ワセリン
  • 自己乳化型ステアリン酸グリセリル
  • 香料
  • 精製水

有効成分のクロルヘキシジングルコン酸塩液は、においもなく肌への刺激が少ない優れた殺菌成分です。

それ以外の成分は、例えば基剤であったり湿潤剤であったり、殺菌成分を補助しているほんとにただの医療添加物。

キズや軽いやけど、いんきんたむしなどに効いているのは、このクロルヘキシジングルコン酸塩液だけだという事がわかりました。

ちなみに湿疹やただれ・かぶれのある部分に塗ると、余計に悪化してしまうということで、公式HPでも注意喚起がされています。

オロナインには、殺菌成分と保湿効果はあるけれど・・・

ワキの黒ずみの原因は、大きく分けて二つあり、皮脂による毛穴のつまり&古い角質、そして刺激によって分泌されたメラニン色素の沈着です。

黒ずみを消していくためには、ていねいに洗って皮脂汚れや古い角質を取り除くことと、刺激を避けてメラニン色素を今以上に発生させないこと、そして皮ふの新陳代謝を高めて古い角質と一緒にメラニン色素を外へ追い出す事です。

肌の黒ずみへの美白効果が期待できるクリームやローションには、「新陳代謝を高める成分」や「ターンオーバーの乱れを整える成分」が入っています。

そして、オロナインにはそのどちらも含まれていないので・・・ワキの黒ずみケアには、正直効果が期待できないということになりますね。

今現在ワキの黒ずみに悩んでいる人は、もしかしたらワキを洗いすぎてしまって、荒れているケースもあるかもしれません。

オロナインにはキズへの殺菌効果と保湿効果はありますが、「湿疹やただれ・かぶれ」のある場所へは使用厳禁です。

ワキは多く汗をかき雑菌も繁殖しやすいので、荒れたときに乾燥するパターンだけでなく、ただれたりかぶれたり、ひどければ湿疹になっているケースもありえます。

そして、素人目にはそれがただ荒れているだけなのか、湿疹にまで悪くなってしまっているかは判断が難しいですよね?

下手にに素人判断をしてオロナインを塗り、悪化して刺激になって、それでワキがさらに黒ずんだら・・・目も当てられません。

結論!オロナインは万能だけれど、ワキの黒ずみ解消はできない

家に今あるもので、悩みが解決できたら一番いいんですが・・・残念ながら、塗り薬のトップスター「オロナイン」は、ワキの黒ずみには太刀打ちできないです。

やはり、黒ずみを消したいのなら、新陳代謝を高めたり乱れたターンオーバー周期を整えるような「美白成分」と荒れがちな皮ふを整える「抗炎症成分」などが含まれた、専用のケア用品が必要ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です