ワキの黒ずみ、家にあるオロナインで解消できる?答えは〇〇です

おうちに一つはあるんじゃないでしょうか?塗り薬の定番、「オロナイン」。

キズにはもちろんのこと、「にきびや吹き出物、軽いやけどや水虫、いんきんに」など、けっこうたくさん効果効能の部分には書いてあります。

この万能さ、もしかしたらワキの黒ずみにも効くのかも・・・!?

中身の成分を見て、「ワキの黒ずみにオロナインは効くのか?」を調べました。

オロナインH軟膏に入っている成分一覧

オロナインにはいくつかラインナップがありますが、一番メジャーなジャータイプの「オロナインH軟膏」をピックアップしました。

入っている成分はこちら↓

オロナインH軟膏に含まれる有効成分(1g中)

  • クロルヘキシジングルコン酸塩液(20%):10mg

オロナインH軟膏に含まれる添加物(1g中)

  • ラウロマクロゴール
  • ポリソルベート80
  • 硫酸Al/K
  • マクロゴール
  • グリセリン
  • オリブ油
  • ステアリルアルコール
  • サラシミツロウ
  • ワセリン
  • 自己乳化型ステアリン酸グリセリル
  • 香料
  • 精製水

有効成分のクロルヘキシジングルコン酸塩液は、においもなく肌への刺激が少ない優れた殺菌成分です。

それ以外の成分は、例えば基剤であったり湿潤剤であったり、殺菌成分を補助しているほんとにただの医療添加物。

キズや軽いやけど、いんきんたむしなどに効いているのは、このクロルヘキシジングルコン酸塩液だけだという事がわかりました。

ちなみに湿疹やただれ・かぶれのある部分に塗ると、余計に悪化してしまうということで、公式HPでも注意喚起がされています。

オロナインには、殺菌成分と保湿効果はあるけれど・・・

ワキの黒ずみは、

  • 皮脂による毛穴のつまり&古い角質
  • 刺激によって分泌されたメラニン色素の沈着

の2つが大きな原因となります。

毛穴の詰まりや古い角質がたまってしまうのは、保湿不足や肌への刺激のかけすぎ、また制汗剤を毎日使っているなら洗浄不足の可能性もあります。

これは顔の皮膚でも同じですので、顔をケアするのと同じようにワキもケアしてあげましょう。

また、メラニン色素の沈着も刺激の与えすぎでなってしまいます。

脇の皮膚に最も負担をかける要因のひとつが脇のムダ毛処理だとご存知でしたか?

脇のムダ毛処理の方法は毛抜で抜くか、カミソリで剃るのですが、いずれの処理方法も脇の肌に大きな負担をかけて黒ずみを引き起こすのです。

毛抜で抜くと毛穴が広がり、そこに雑菌や皮脂が溜まりやすくなります。また新しく生える脇毛が皮膚下に埋まって埋没毛になることも。

カミソリは皮膚に強い刺激を与えますからその刺激から肌を守るため、メラニン色素の分泌を促し黒ずみを引き起こします。

そのため、脇の黒ずみ対策には保湿とメラニンへの対策が必要です。

残念ですがオロナインは殺菌と保湿が主な働きで、ワキの黒ずみの原因となる皮脂の詰まりやメラニンの沈着を除去することはできません。

脇の黒ずみを自宅で手軽に解決したいのなら、オロナインではなく脇の黒ずみに特化したクリーム、たとえば薬用アットベリーを使うのが黒ずみ解消の一番の近道になります。

脇の下はいつも服が擦れるなどの刺激があるだけでなく、まめな人ですと毎日ムダ毛処理をするので顔以上に刺激を受けやすいです。

ですが、ボディケアは顔以上に手軽でないと続きにくいですし、寒い季節は脇のケアはササッと終えて服を着たいですよね。

そのため、塗るだけでケアを終えられるオールインワンタイプのクリームがおすすめです。

メラニンの生成によるシミ・ソバカスを防ぐ美白成分が入っていれば、なおのことメラニン色素への対策になりますね。

薬用アットベリー販売サイトへ

Amazonでアットベリーを探す

脇の黒ずみクリームに関してはこちらの記事もおすすめです
関連記事:ワキの黒ずみはクリームで改善できる?黒ずみ専用クリームはどんな働きをするのか解説!

・オロナインに頼らない毎日のケアが大切!

アタリマエですが、脇の黒ずみ対策でいちばん大切なのは日々のケアを怠らないことです!

黒ずみを消していくためには、ていねいに洗って皮脂汚れや古い角質を取り除くことと、刺激を避けてメラニン色素を今以上に発生させないこと、そして皮ふの新陳代謝を高めて古い角質と一緒にメラニン色素を外へ追い出す事です。

そして、オロナインにはそのどちらも含まれていないので・・・ワキの黒ずみケアには、正直効果が期待できないということになりますね。

今現在ワキの黒ずみに悩んでいる原因は、もしかしたらカミソリ負けをしやすくて、あるいは埋没毛を強引にほじくり出したりして荒れているのかもしれません。

オロナインにはキズへの殺菌効果と保湿効果はありますから、うっかりカミソリで切ってしまった場合に少し使うことはできます。

ワキは多く汗をかき雑菌も繁殖しやすいので、自己処理でうっかり傷を作ってしまったときにオロナインを使うのは間違ってはいません。

ただ傷のないところにオロナインを使うくらいなら、ワキの黒ずみに使えるものでケアしたほうがまだ意義はあります。

ワキの黒ずみなんとかしたい…

結論!オロナインは万能だけれど、ワキの黒ずみ解消はできない

家に今あるもので、悩みが解決できたら一番いいんですが・・・残念ながら、塗り薬のトップスター「オロナイン」は、ワキの黒ずみには太刀打ちできないです。

自己処理でうっかり傷を作ってしまったならまだしも、黒ずみがあるとはいえ健康な皮膚のケアにオロナインを使うのはあまり意味がありません。

それならば、黒ずみケアに特化したクリームなどでケアするほうがまだよいです。

同じお金をかけるなら、本当に効果のある方法を試してみませんか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です