ワキの黒ずみはクリームで改善できる?黒ずみ専用クリームはどんな働きをするのか解説!

猛暑日が続き、半袖やノースリーブが着たい日々が続きますね。

「ばっちり毛の処理はしてあるから怖くない!」と思っていても、ワキ自体が黒ずんでいて恥ずかしい経験をした人もいるんじゃないでしょうか?

いつの間にかできていて、なかなか治らないワキの黒ずみ・・・でも、ワキの黒ずみの改善方法はかなり研究が進んでいる分野でもあります。

正しいお手入れを続けていけば、かなり元の状態の色に戻すこともできるんです!

この記事では、ワキの黒ずみケアの中でも、価格面などで一番手を出しやすい「ワキの黒ずみ改善クリーム」について調べました。

一番お手軽なのは「ワキにも使える黒ずみ専用のクリーム」を使うこと!

美容皮膚科などで治療をする人もいますが、一番お値段的に手軽なのは、専用の黒ずみ改善用クリームを使う事です。

ワキは年中汗をかき、思っている以上に汚れが溜まって毛穴が詰まりやすい場所。

なのに、思ったよりも乾燥もする場所ともいわれています。乾燥と、皮脂汚れも相まって、気付いた時にはビックリするほどの黒さの事も・・・!

乾燥してケアが行き届きにくい状態のお肌には、どんなに良い美白成分を塗っても良い効果が得られにくいです。

その点、ワキにも使える黒ずみ改善クリームには、皮ふの表面を潤してくれる保湿成分がたっぷり入っています。

この保湿成分でお肌の表面を柔らかくして、美白成分の効果がしっかり出るように作ってあるんですね。

大事なのは、コツコツと続けること

黒ずみを改善するには、それなりの時間が必要です。

肌の表面に浮き出てきてしまったメラニン色素は、ターンオーバー(肌代謝)で古い角質とともに押し出されて減っていきます。

このターンオーバー(肌代謝)は、年齢とともに日数がかかるようになってしまいます。

  • 10代・・・20日
  • 20代・・・28日
  • 30代・・・40日
  • 40代・・・55日
  • 50代・・・75日
  • 60代・・・100日

これはあくまでも理想値で、皮膚の乾燥や食生活やストレス、生活習慣で乱れることもしょっちゅうです。

むしろ本当にこの表通りにターンオーバーできている人は少ないかもしれませんね・・・。

実年齢の平均よりも日数がかかるのは、珍しい事ではないんです。

ワキにも使える黒ずみ専用改善クリームは、保湿効果と美白成分を継続して肌に与えることで、ターンオーバーを徐々に助けたりうながして元気なお肌に導いてくれます。

薬ではないので、一朝一夕にとはももちろんいきません。クリームを使ってワキの黒ずみをケアしていこうと決めたなら、コツコツ毎日塗ってケアをしていくのが一番の近道です。

それほど黒ずみが濃くなければ、2週間から1か月ほどで、だいぶ効果を感じられるかなと思います♪

あまりに黒ずみが濃くなってしまったら、美容皮膚科などで治療を受ける必要もあるかもしれませんが、まだそれほどでもなければ、お手軽なクリームでじっくりセルフケアしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です