色素沈着にきくサプリメント・医薬品おすすめはこれ!

 

「色素沈着がどんどん増えているような気がする」「昔気にせず日焼けをしていたから将来色素沈着が心配」という悩みを抱えていませんか?

なんとか化粧で色素沈着をごまかせても毎日のことだと面倒ですし、時間がもったいないと感じるでしょう。

色素沈着やそばかすなどの肌トラブルは、ときには人前に出るのも嫌になるほど苦痛に感じるものです。

しかし飲むだけで手軽に色素沈着を薄くしたり消したりすることができ、これから出てくる色素沈着も予防することができる商品があるのです。

色素沈着に有効的な商品を見分けるポイントやおすすめの商品をこれから紹介しますので、是非活用して色素沈着に悩まない生活を手にしましょう。

色素沈着を消すのにサプリは有効か

美白になれることを謳っているサプリの広告や口コミを見て、色素沈着の改善に役立つのではと思うかもしれませんが、実は美白サプリは確実に色素沈着を消せるとは言い切れません。

なぜならサプリは治療を目的とした薬ではなく、あくまで栄養補助を目的とした健康食品だからです。
サプリによっては肌に透明感を出す、色素沈着を薄くする期待ができる成分を配合しているものもありますが、確実に色素沈着を薄くしたり消したりする効果は立証されていません。

それだけ聞くと「色素沈着を体の内側から消すことはできないのか」と思うかもしれませんが、これから確実に色素沈着へ効果的に働く商品を紹介しますので落ち込む必要はありませんよ。

  • 色素沈着を消したいなら美白サプリよりも医薬品の飲み薬がおすすめ

前述した色素沈着へ効果がある商品とは医薬品の飲み薬です。

なぜなら医薬品は症状の治療を目的とした薬ですが、サプリメントは足りない栄養素を補うための健康食品で症状の治療を目的としているわけではないからです。

そのため色素沈着への効果を確実に得たいなら、サプリではなく医薬品をおすすめします。

医薬品とサプリの違いを詳しく説明します。

医薬品は効果効能や安全性が認められている

医薬品は厚生労働省から効果効能はもちろん、成分の品質や製造工程においての安全性も認められているため安心して飲むことができます。

薬と聞くと副作用が心配になるでしょうが、色素沈着を消すための飲み薬はほとんどが医薬品のなかでも一番副作用のリスクが少ない第三類医薬品に分類されているので気にしすぎる必要はありません。

特に女性は妊娠中に色素沈着やそばかすが増えたという方もいるように、女性ホルモンの影響で色素沈着が増えたり濃くなったりする場合もあります。

色素沈着が気になりやすい妊娠中や授乳中にも、医師の了承を得たうえで安心して飲める商品が多いのは嬉しいですね。

サプリはあくまで栄養補助食品

サプリは足りない栄養素を補うための健康食品なので、病気や症状に対して効果効能を謳うことは認められていません。

しかし広告やCMなどで「透明感のある肌へ」というようなキャッチフレーズや効果があったというような口コミを見て、誰しもが効果を得られると思い込んでしまう消費者も多いのです。

サプリは薬ではないので副作用の心配はありませんが、配合されている成分に対して食物アレルギーを起こしてしまう可能性はあります。

また日本ではサプリは「食品」に分類され、医薬品のように成分の品質や含有量に規制や基準がないため、粗悪品に気付かず消費者が健康被害を訴えるなどトラブルになったというニュースを目にすることもあります。

サプリは医薬品と違い飲むなら自己責任でというのが現状なわけですね。

  • 医薬品とサプリのメリット・デメリット
医薬品 サプリメント
メリット ・国が効果効能を認めている

・厳しい基準をクリアしているため安全

・安価なものが多い

・副作用のリスクが少ない

・食後など決まった時間に飲む必要がない

デメリット ・副作用のリスクがある

・食後など決まった時間に飲む必要がある

・効果効能は認められていない

・アレルギーを起こすリスクがある

・基準や規制がないので安全性に欠ける

・高価なものが多い

色素沈着を消す飲み薬や美白サプリを選ぶポイント

色素沈着を消す飲み薬や美白サプリを選ぶポイントは3つあります。

  • 色素沈着に効果的な成分を配合しているもの

まず一番重要なのは色素沈着に効果的な成分が入っているかどうかです。

色素沈着に効果的な4つの成分を下記に記載しましたが、これらの成分が複数入っている、各成分の含有量が多い製品を選ぶと良いですよ。

ビタミンC

色素沈着の原因となるのは紫外線などの影響によるメラニンの過剰な生成ですが、ビタミンCにはメラニン色素生成の予防やメラニン色素を薄くする効果があります。

また、老化の原因となる活性酸素を抑制したり、ハリや弾力に欠かせないコラーゲン生成を促したりと色素沈着予防以外にも美肌効果がたくさんです。
ビタミンCは水溶性で一度にたくさん摂取しても尿と一緒に排出されてしまうので複数回に分けて摂るようにしてください。

L-システイン

L-システインは代謝を助けるアミノ酸の一種なので、肌のターンオーバーを正常化することでメラニンの排出を手助けしてくれます。

ビタミンCと同様に色素沈着の元となるメラニン生成を抑制したり、出来てしまったメラニン色素を無色化したりする働きをしてくれるので、ビタミンCとセットで色素沈着対策にはなくてはならない成分です。

ビタミンE

ビタミンEは血行を良くすることで、肌のターンオーバーを促しメラニンを排出してくれる作用があります。
さらに強力な抗酸化作用があるので活性酸素を除去し、肌の老化を防ぐ期待もできます。

また、ホルモンバランスを整える働きもあるので、ホルモンバランスの乱れが原因の色素沈着にも有効ですよ。
特に妊娠や更年期などで色素沈着が増えたという場合にはビタミンEが配合されているものを選びましょう。

トラネキサム酸

トラネキサム酸はメラニン生成を抑制する働きがあります。
またホルモンバランスの乱れが影響とされている肝斑という色素沈着に効果があるのです。

肝斑は両頬や目の周りに左右対称でもやっとした黒ずみのように現れ、治りにくい色素沈着とされています。
自身の色素沈着が肝斑と分かっているのであればトラネキサム酸が配合されているものを選んでください。

  • 継続できる価格であるもの

次に大切なポイントは、継続できる価格であるかどうかです。

なぜなら奮発して高い商品を購入してもすぐに効果が得られるとは限らないからです。

実際に健康な肌のターンオーバーの周期が28日と言われているので、色素沈着に効果を得られるには少なくても1ヶ月はかかります。

さらにターンオーバーの周期が乱れていたらなかなか効果が得られず、変化を実感できるまでに2、3ヶ月かかる可能性もあるでしょう。

効果を得られるまでに時間がかかると購入した1箱では足りず、2箱目や3箱目を追加で購入することもあります。

どの商品を選ぶか迷っているなら高価が得られるまで継続できる価格帯のもので、有効成分を豊富に配合しているコスパの良い製品を選びましょう。

  • 推奨されている服用方法を守れるもの

最後のポイントは推奨されている飲み方が守れるかです。
特に医薬品は服用方法を守ることで効果が十分に得られるので、例えば1日3回服用しなければならないのに2回しか服用できないと効果が得られない、改善するのに時間がかかる可能性があります。

どうしても仕事などで昼の服用ができない、飲み忘れてしまいそうなら朝と夜の2回の服用を指示されている製品を選びましょう。

自身のライフスタイルや性格を考慮して用法用量をきちんと守れるものを選んでくださいね。

色素沈着対策におすすめの飲み薬

では実際に色素沈着へおすすめの医薬品の飲み薬を紹介します。

ロスミンローヤル

ロスミンローヤルは色素沈着だけでなく、小ジワにも効果があると認められた国内唯一の医薬品です。

ビタミンC・L-システイン・ビタミンEなどの有効成分と血行や新陳代謝を整える生薬を合計22種類も配合しています。

服用方法は1回3粒を1日3回に分けて水かぬるま湯で噛まずに飲んでください。
1瓶270錠入りで30日分です。

購入方法・価格

購入方法 定期コース 通常購入
価格 初回1,900円

2回目以降5,800円

初回1,900円

2回目以降7,600円

送料 無料 700円(沖縄、一部離島1,200円)
特典 初回お届け時に豪華セットプレゼント なし
購入回数の縛り なし なし

評判・口コミ

すっごーい!まっしろーい!

ホワイピュア

評判・口コミ

キミエホワイトプラス

評判・口コミ

トランシーノ ホワイトCクリア

評判・口コミ

ハイチオールC ホワイティア

評判・口コミ

医薬品に抵抗がある場合に人気の美白サプリ

マスターホワイト

評判・口コミ

ホワイトショット

評判・口コミ

医薬品やサプリ以外に取り入れるべき色素沈着対策

色素沈着を消すためには医薬品の飲み薬などで内側からのケアも大切ですが、他にも重要な色素沈着対策があります。

  • 紫外線予防を怠らない

色素沈着を作る大きな原因は紫外線による肌へのダメージです。
そのため外出時には日焼け止め、日傘、帽子などで紫外線予防をきちんとするようにしましょう。

紫外線が最も強いのは夏ですが、春や秋にも思いがけず日焼けしてしまう場合は多いので、できれば一年中紫外線対策をすると安心ですよ。

  • 化粧品で外からもケア

直接肌へ塗る化粧品で色素沈着へアプローチをするとより有効的です。
色素沈着のケアでおすすめなのは、医薬品やサプリ同様に美白成分の配合された薬用化粧品です。

薬用化粧品は化粧品と医薬品の中間に位置する存在で、化粧品の成分に加えて症状ごとに効果のある有効成分を配合しています。

容器や外箱に「医薬部外品」と記載があるのが特徴です。
化粧水やクリームなどたくさんの種類があるので、使いやすく肌に合うものを選んで積極的に毎日のケアで取り入れましょう。

  • 規則的な生活習慣を心掛ける

不規則な生活は肌トラブルの原因となることがあります。

たとえば肌の生まれ変わりとなるのは睡眠中ですが、睡眠不足が続くとなかなかターンオーバーができず色素沈着を薄くすることができません。

また、栄養が偏った食事が多い、化粧をしたまま寝るなど何気なくしてしまう生活が肌にとっては大きなダメージとなるのです。

生活習慣を整えることは健康に良いだけでなく、色素沈着やニキビなど肌トラブル全般にも良い影響をもたらすのは間違いありません。

医薬品やサプリを服用する際の注意点

医薬品やサプリは適切な飲み方を把握しておく必要があります。

間違った飲み方をすると逆に悪い影響となる場合も多いので以下の点に気を付けるようにしましょう。

  • 飲み合わせに注意

複数の薬を飲む場合や、薬とサプリを併用する場合、複数のサプリを飲む場合は飲み合わせに注意しましょう。

なぜなら色素沈着へ効果のある医薬品や美白成分を豊富に含有しているサプリでは、特にビタミンの過剰摂取になりかねないためです。

過剰摂取で起こる症状はビタミンの種類にもよりますが、吐き気や食欲不振、下痢が多いです。
もしも病気の治療で常服している薬があるなら相互作用で薬の効果が半減する、強い副作用が出るなどの影響も考えられます。

複数の薬やサプリを飲みたい場合は販売元や担当医へ事前に確認しておくと安心ですよ。

  • 用法用量を守る

色素沈着を消すのには継続して飲み続ける必要があるため「たくさん飲んだ方が早く色素沈着を治せるのでは」「続けるには高いし1回分飲む回数や粒数を減らそう」と考えることもあると思います。

しかし、推奨されている用法用量を守らないと副作用などの悪い影響が出たり、成分の効果をきちんと発揮できなかったりすることがあるのです。

特に医薬品は一番効果的かつ、副作用のリスクがない飲み方を研究したうえで明記しているので説明書通りに服用するようにしましょう。

  • 副作用やアレルギーに注意

医薬品を飲む場合は副作用に、サプリを飲む場合はアレルギーに注意してください。
前述したように色素沈着用の飲み薬は医薬品のなかでも副作用のリスクが少ない第三類医薬品ではありますが、少しでも体調に異変を感じたら医師や薬剤師に相談しましょう。

またサプリも自分のアレルギーが分かっていれば成分を確認し、該当するがあれば飲まないようにしてくださいね。

まとめ

飲むだけで色素沈着を薄くしたり、消したりするためには医薬品の飲み薬がおすすめです。なかでもパッケージに第三類医薬品と記載されている商品なら副作用のリスクも少ないので安心して服用できますよ。

第三類医薬品の色素沈着用飲み薬はいくつも種類があるので迷うかもしれませんが、色素沈着を完全に消すには数ヶ月かかる可能性があるのでできるだけ安価で、なおかつ有効成分を豊富に配合している商品を選ぶようにしましょう。

根気よく飲み続けることで色素沈着へのストレスや悩みは減り、今まで色素沈着を消すために化粧にかけていた時間も短くすることができます。
もしも常用している薬との飲み合わせが悪かったり、副作用に抵抗があったりして医薬品の飲み薬が飲めないのであれば、色素沈着に有効な成分を配合しているサプリを取り入れるのも一つの方法ですよ。