GN Symposium

日本語教育グローバルネットワーク(Global Network for Japanese-Language Education/略称GN)には、現在世界11か国・地域の日本語教育関連の学会・研究会・教師会等の団体が加盟しています。GNの主要事業として、各加盟団体が持ち回りで日本語教育国際研究大会/ICJLE(International Conference of Japanese Language Education)を隔年で開催しています。今回のバリICJLE 2016は、インドネシア日本語教育学会の主催で開催されます。GNでは、本大会の中で、以下のとおり2つのシンポジウムも開催しますので、ぜひご参加ください。

  1. 中等教育段階の日本語教育が果たす役割と課題― 21世紀を生き抜く人間教育に取り組む世界の日本語教師からの提言―
  2. 21世紀につながる日本語教育―日本語グローバルアーティキュレーション活動(J-GAP)のベストプラクティス     

 

中等教育段階の日本語教育が果たす役割と課題―21世紀を生き抜く人間教育に取り組む世界の日本語教師からの提言―

開催日時: 9月9日(金)13:00~15:00
開催場所: Bali Nusa Dua Convention Center (BNDCC) / Pecatu Hall
企画実施: 公益社団法人 日本語教育学会(日本)
参加協力: インドネシア・韓国・中国・米国・香港の各国GN加盟団体
助 成: 一般社団法人尚友倶楽部、東芝国際交流財団
趣 旨:
中等教育段階における日本語教育が盛んなインドネシアでのICJLE開催を記念し、海外各国の中等教育における日本語教育に焦点をあてます。中でも、中等教育が直面する、21世紀の新たな資質・能力の獲得を目標においた教育実践を取り上げます。

本企画では、5か国の中等教育の日本語教師に、21世紀の時代を生き抜く人づくりのための授業設計のあり方、実践の試行錯誤、成果等について語っていただきます。それぞれの教育哲学や各国・地域の教育政策の違いなどを踏まえながら、時代の要請に応える新たな実践に挑戦する教師の取り組みを共有します。

中等教育段階の日本語教育関係者が、情報共有するためのきっかけとなればと考えています。本シンポジウムの内容は、中等教育関係者ばかりでなく、高等教育関係者ともぜひ共有したく、ご参加をお待ちしています。

内容構成:

  1. 趣旨説明・発表者紹介 【5分】 久保田美子(GN日本・プロジェクト担当)
  2. 各国の中等教育課程が掲げる「21世紀を生き抜く人間像」とは 【動画5分】*キー・コンピテンシーや21世紀型スキルと各国の教育課程・スタンダーズについて
  3. 各国高校日本語教師による発表とディスカッション 【95分】登壇者:アメリカ、インドネシア、オーストラリア、韓国、タイから6名 【敬称略・五十音順】

    安座間善治(カリフォルニア州・ノースサリナス高校教諭)

    エルワン・カスリヤント(アンバラワ第1国立高校教諭/中部ジャワ日本語教師会会長)

    エフィ・ルシアナ(国際交流基金ジャカルタ日本文化センター常勤講師)

    クアク・ヨンスク(ソウル市・モクトン高等学校教諭)

    ティーラット・ロームスィ(チェンマイ・カンラヤニー中等学校教諭)

    サリー・ミゾシリ(シドニー・ノースシドニー女子高等学校教諭)

    *インドネシア各地の高校日本語教師10名の方にも討論への参加をお願いしています。

  4. まとめ 【5分】
  5. 会場からの質疑応答 【10分】

 

21世紀につながる日本語教育―日本語グローバルアーティキュレーション活動(J-GAP)のベストプラクティス

開催日時: 9月9日(金)15:30~17:30
開催場所: Bali Nusa Dua Convention Center (BNDCC) / Pecatu Hall
企画実施: 全米日本語教育学会/AATJ(米国)
参加協力: 韓国・台湾・中国・日本・インドネシアのGN加盟団体
助 成: 一般社団法人尚友倶楽部

趣 旨:
2010年にGNの最初の研究プロジェクトとして始まった、日本語グローバルアーティキュレーションプロジェクト(J-GAP)は、初等・中等・高等教育の各教育段階における日本語教育のアーティキュレーション(接続・連携)と、国を越える大学間の日本語教育のアーティキュレーションを達成することを通して、日本語教育の効果及び質的向上を目指してきました。

現在も、米国(4州)、韓国(釜山)、台湾(全国レベル)における初中高等レベルの連携活動が、各地域のスタンダーズや指導要領をもとに進行しており、連携のみならず、教師の能力開発やアドボカシーの分野でも大きな成果を上げてきています。中国天津外国語大学と日本の武蔵野大学間でもの連携をめざして、JF日本語教育スタンダードをもとにプロフィールを作成し、両大学間のスムーズな移行を実現しつつあります。

本シンポジウムでは、これらの研究・活動の成果として、アーティキュレーション達成活動のベスト・プラクティス及びネットワークを作る方法を広く世界に公開するとともに、会場の参加者と議論する機会を提供して、他国・機関での活動の参考にしてもらえたらと考えています。

内容構成:

  1. 趣旨説明 【10分】 當作靖彦(GN米国・GNプロジェクト担当)
  2. アーティキュレーション達成プロジェクトのベストプラクティスの発表 【各国20分】
    バネリスト:アメリカ、韓国、台湾、日中、各J-GAP代表4名 【敬称略・五十音順】

    1. 當作靖彦(カリフォルニア大学サンディエゴ校教授):米国のプロジェクト報告
    2. 鄭起永(釜山外国語大学教授):韓国のプロジェクト報告
    3. 陳淑娟(東呉大学教授):台湾のプロジェクト報告
    4. 堀井恵子(武蔵野大学教授):日中の留学生教育の事例報告
  3. 討論(15分)
  4. まとめ(5分)
  5. 参加者からの質疑応答と討論(10分)